2021年07月17日

現代奴隷禁止条項とSDGs条項

自らが暴力団に関与していないことを誓約し,誓約に違反した場合に契約解除や損害賠償に応じる・・・いわゆる暴排条項は,この10年の間に著しく普及した。
最近では,暴排条項のない契約書をみる方が珍しいくらいだ。

暴排条項の流行の後,この5年で急にみるようになった条項が現代奴隷禁止条項である。
主に欧米の大企業によるものであるが,取引先やその傘下に人身取引や奴隷的労働・強制労働の禁止を誓約させ,違反があれば契約解除するという条項だ。

現代奴隷というと,遠いアフリカの鉱山やカカオ農園の話で,自分たちとは関係がないイメージがあるかもしれない。しかし,グローバル化が進む現在,アフリカは遠い国ともいっていられない。
しかも,日本においても,「技能実習生」や「留学生」といった外国人を中心に,強制的な労働により搾取される「現代奴隷」が何万人もいると政府も認めているのであるから,とても他人事ではない。
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/jinsintorihiki/dai4/honbun.pdf



さらに最近みるようになった条項が,SDGs遵守条項とでもいうべきものである。
例えば,東京オリンピック委員会は,SDGs実現のためとして,取引先に求める下記の調達コードを発表した。
https://gtimg.tokyo2020.org/image/upload/production/bl54yjizbsym6v5zuu6i.pdf

同内容を要約すると,東京オリンピックのサプライヤーになるためには,
・環境を守るために省エネ,低炭素エネルギーの利用,容器包装の低減,生物多様性の保全に努め,
・人権を守るために,国際的人権基準を順守し,差別・ハラスメントを行わず,地域住民等の権利侵害を行わず,女性・障がい者・子ども・マイノリティーの権利を尊重し,
・適正な労働がなされるよう,労働者の結社の自由を守り,強制労働・児童労働に関与せず,適正な賃金を払い,長時間労働をさせず,
・適正な経済活動を行う,すなわち,贈収賄を行わず,談合・ダンピングを行わず,紛争・犯罪と関連のない原材料だけを使用し,差別的な広告を行わず,個人情報を守るシステムを整える

必要があるということだ。 

https://www.unic.or.jp/files/sdg_poster_ja_2021.pdf
SDGs.png

大雑把に要約してこれであり,実物を読むと長い!と感じてしまうが,今後はこのような長大なSDGs順守条項がどんな契約書にも入れられるようになるのかもしれない。

SDGsの重要性に異論はないし,そのためにSDGs順守条項を設けることもよいことだとは思う。
しかし,契約書チェックを業とする弁護士として,暴排条項のチェックに加えて極めて長大なSDGs条項をチェックするのは大変面倒だ・・・と消極的なことを思ってしまう。

いっそのこと法律で決めてもらえれば楽なのだが,「法律を超えて倫理を考えています!」というアピールが重要なのであるから,盛りだくさんの契約書チェックから解放される日はなかなか来なそうだ。


↓↓弁護士ブログの人気ランキングです。↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

金沢市の人気ブログランキング
↑↑参加しています。クリックでご協力お願いします。↑↑
posted by 内田清隆 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 契約書作成
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188849494
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック