2018年04月24日

「言ったもん勝ち」のアメリカ的発想

英米法を少し本格的に勉強している。

その中で、どうしても慣れないのが「間違っていても何でもいいから言わないとダメ!」というアメリカ流の考え方だ。
米国司法試験では、余計なことを書いても、間違ったことを書いても減点されることはないそうだ。
一方で、言うべきことを書かないと大きく減点されるため、ともかく関係がありそうなことは何でも書いておくというのが基本になる。
とはいえ、なかなか間違っているかもしれないことをともかく書いてみるということはできないものだ。

そういえば以前米国の弁護士から、法廷で見た新人弁護士の面白い行動を聞いたことがある。
証人尋問では「異議あり」と述べて「誘導尋問です」と異議の理由を示すのだが、異議の理由をすぐに示すのは難しい。
そこで、新人弁護士は「異議あり」「誘導,重複,侮辱的,論争的,伝聞,誤導・・・尋問のいずれかです」とすべての理由を挙げていたというのである。
「そんな人いるかな〜」と笑って聞いていたのだが、アメリカ的にはそれほどおかしくないのかもしれない。
「間違ってもいい」「言わないよりは言った方がいい」、だから可能性のあることは全部言うという発想がアメリカ的なのだ。

思えば幼い頃から、「無駄口を叩くな」「余計ないことを言うな」と教育され、口に出さなくても理解し合える関係が理想の関係だと教わって生きてきた気がする。
しかし、「言わなくても当然分かるだろ!」ということが伝わっておらずに、紛争や裁判になるケースは多い。確かに口に出さずに理解し合うのは難しい。
そう思うと、アメリカ的な、間違っているかもしれないけれども関係するかもしれないことは、何でもともかく言っておくという姿勢にも一理あるのかもしれない。

言い過ぎればうっとうしくなるが、「言わなくても分かるだろう」が原因の誤解を生じさせないよう、少しはアメリカ的発想を身につけていきたいものだ。


↓↓弁護士ブログの人気ランキングです。↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

金沢市の人気ブログランキング
↑↑参加しています。クリックでご協力お願いします。↑↑
posted by 内田清隆 at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 弁護士雑感