2013年09月25日

野蛮な動産執行の意義

 売掛金を支払わない相手方の経営する店舗の動産を差し押えし、その店舗にあるものをごっそり搬出したことがある。
 商品だけでなく、商品棚まで搬出したため、すぐにその店舗には、『臨時休業』のはり紙がなされた。
 その様子を見ていた新人事務職員が「なんか野蛮ですね・・・」とぼそりと言ったのが印象的であった。
 確かに、困惑する店員さんたちを無視して営業中の店内から次々と物品を運び出し、急遽閉店に追い込むというのはスマートではない。野蛮なのかもしれない。

 しかし、動産執行の意義は、この野蛮さの中にある。中古品価格が低迷する現在、大型の機械といった特殊なものを除き、動産に高い値段がつくことは少ない。そのため動産を差し押さえても大したお金にならないのが通常だ。

 だが、野蛮な動産執行を行うことで、相手方に対して、いつ持っている物を強制的に奪われるかわからないのだということを理解させ、任意の支払へと向かわせるというのが動産執行の意義というわけである。

 支払を命じる裁判所の判決が無視されることがないようにすべきである。
 そのためには、動産執行はもっと野蛮でもいいのかもしれない。

 とはいえ弁護士とは因果な職業である。


↓↓弁護士ブログの人気ランキングです。↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

金沢市の人気ブログランキング
↑↑参加しています。クリックでご協力お願いします。↑↑

posted by 内田清隆 at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 債権回収・管理

2013年09月09日

「被告」は悪くない

 無罪推定の原則というものがある。
 有罪か無罪かは,裁判所が決めるのであるから,その判決があるまでは、刑事事件の被告(法律用語では「被告人」)は,無罪とみなさなければいけないという原則である。

 ところが,マスコミでは,「被告」=犯罪者と扱われることが多い。そのため,多くの人が「被告」とは悪いことをした人だと認識している。

 民事事件では訴えた人が原告,訴えられた人が被告である。
 民事事件の紛争では,訴える準備をしていたら先に訴えられるということもよくある。
 どちらが先に訴えでるかで原告と被告は逆転するのであり「被告」という名称には深い意味はないのである。

 しかし,「被告」=悪い人というイメージが定着しているため,そうも割り切れない。
「なにも悪いことをしていないのに被告呼ばわりするとは失礼だ!」
「なんで俺が被告と呼ばれないといけないのか!」

と呼び方から争いが生じてしまう。

 「『被告』は悪くない。」という認識が早く定着すればいい。

 それが難しいのなら「ディフェンダント」と横文字で呼ぶのはどうだろう。
 
 「被告内田」と言われるより「ディフェンダント内田〜!」と言われる方が,なんとなくかっこいいよくテンションもあがるような気がする。


↓↓弁護士ブログの人気ランキングです。↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

金沢市の人気ブログランキング
↑↑参加しています。クリックでご協力お願いします。↑↑
posted by 内田清隆 at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 弁護士雑感

2013年09月02日

取引先訪問時の現場チェックのポイント

債権回収においては取引先の経営危機の早期発見が重要である。
そのためには取引先を訪問した際に,現場をしっかりとチェックすることが重要だとよく言われる。

ビジネスロージャーナル9月号によると
1事務所,工場が整理されておらず散らかっている
2従業員に元気がない
3倉庫に返品らしき在庫が多数ある
4社員とは思えぬ者がウロウロしている
5芸能人・政治家と撮った写真が所狭しと並んでいる
などが危機のサインとしてあげられていた。
1〜3は分かるが,4・5が面白い。

社員でない者がウロウロしている会社ってどんな会社?と思った方も多いであろうが,先日最終的に倒産した会社で支払方法について話をしてきた方が,「よくわからない人がいて,一応名刺はもらったものの何者だか分からなかった。」と言っていた。同じような話はよく聞く。
不思議なことではあるが,倒産間近となると得体の知れない者が会社をうろつくということはよくあることなのかもしれない。

5は危機のサインなのだろうか?確かに以前,所狭しと芸能人と撮影した写真や芸能人の絵やサイン,芸能人からもらった物などが置かれている会社の破産に関わったことがあったが,破産する会社でよく目にするということもない。ただ,珍しいことをしているだけでも注目すべきだということなのであろう。

いずれにせよ,大切なことは注意力であろう。ぼんやり訪問するのでなく注意深く観察し,取引先の細かな変化を見逃さないことが重要だ。


↓↓弁護士ブログの人気ランキングです。↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

金沢市の人気ブログランキング
↑↑参加しています。クリックでご協力お願いします。↑↑
posted by 内田清隆 at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 債権回収・管理