2013年01月27日

「こぶとり爺さん」の無慈悲な真理

 最近,子供に日本昔話の絵本を読み聞かせる機会が増え,楽しみの1つとなっているが,実に考えさせられる内容のものが多い。
 そのなかでも考えさせられたのは,名作「こぶとり爺さん」である。

 無欲のお爺さんが,鬼たちの宴会に偶然遭遇し,調子よく加わって楽しく踊ったところ,鬼たちに気に入られ,こぶをとってもらえた。
 それを聞いた欲張りのお爺さんが,鬼たちの宴会を探しあて勇気を振り絞って参加するが緊張してうまく踊れない。すると鬼たちは怒ってそのお爺さんにもう1つこぶをつけてしまう・・・というお話である。

 欲張りのお爺さんは,現状をしっかり分析し,勇気をもって一生懸命困難に立ち向かったのでありその行動は立派である。
 一方,無欲のお爺さんは,ただ楽しく酒を飲んで踊っただけであり,その行動は特に誉められるべきものは何もない。
 にもかかわらず無欲のお爺さんは利益を得て,欲張りのお爺さんは罰を受ける。
 なんとも理不尽な話である。

 まさか,酒を飲んで踊るときにはただ楽しむべきであり,そこに下心をもつべきでないという接待におけるビジネスマナーを子供たちに教える話ではあるまい。

 そうすると,何も考えずに楽しくやる人が成功し,一生懸命やる人でも罰を受ける,その無慈悲な真理を子供たちに教える厳しい話なのであろうか。

 太宰治は,性格の悲喜劇を描いたものにすぎず,何の教訓も救いもないお話と解釈しているが,何の教訓も救いもない話が長年語り継がれているというのも,それはそれで恐ろしい話だ。


↓↓弁護士ブログの人気ランキングです。↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

金沢市の人気ブログランキング
↑↑参加しています。クリックでご協力お願いします。↑↑
posted by 内田清隆 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2013年01月11日

自分の名前を使うことが犯罪なんて… 

「自分の名前だから商売に自由に使えるのは当然」,そう思うことはいたって自然である。
しかし,自分の名前であっても必ずしも自由に営業活動に利用してよいわけではない。

自己の氏名であっても著名な商号などと同じものを不正の目的をもって利用すれば不正競争防止法違反となり,最悪のケースでは懲役5年・罰金500万円の刑に処せられるのだ。
仮に当事務所名「内田清隆法律事務所」が全国的に有名だったとしよう(残念ながらまだそうではないが・・・)。その場合,私を気にいらないと思っている同姓同名の内田清隆弁護士が,当事務所の顧客を奪い私を苦しめるという不正な目的の実現のために「内田清隆法律事務所」をつくり営業活動することは,不正競争防止法に違反し許されないこととなる。

「不正な目的」があるという例外的な場合を考えれば,当然のことのように思えるが,自分の名前を使うことが犯罪になるとは,何とも不思議な気もする。

しかし,そうでもしておかないと,自分の子の名前を「日産」やら「シャネル」やら「三菱」として,ひと儲けしようとする悪い親が出てきてしまうかもしれない。そう思うと必要な規定なのであろう。

(もっとも,「不正の目的」という内心の意図は外からは簡単には分からないこともあり,裁判例で「不正の目的」が認定されることは少ない。そのため実際に問題になることはほとんどない。)


↓↓弁護士ブログの人気ランキングです。↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

金沢市の人気ブログランキング
↑↑参加しています。クリックでご協力お願いします。↑↑
posted by 内田清隆 at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 知的財産法

2013年01月10日

保証人からは書面をもらえ!  

 「何かあった場合には『俺が個人的に保証をする』と社長が言うので,ある会社にお金を貸した。
 会社には資産がないけれども,社長個人には資産がある。
 その資産を差押えできないか」
という相談を受けたことがある。
 残念ながら,結論からいえばできない。

 「保証」は書面でもらわないと効力がない。
 そのため,いかに社長が「保証する」と言っており,その内容を証拠としてテープで取っていても,保証契約は効力が生じないのである。
 民法446条  保証人は、主たる債務者がその債務を履行しないときに、その履行をする責任を負う。
        2  保証契約は、書面でしなければ、その効力を生じない。

 
 ずいぶん前のブログにこんなことを書いたことがある。
 危険サインが出ている業者から担保などを取り付けるのは非常に難しいですが,個人保証を取付け,担保の設定を受けることは強力な債権保全の手段となりえます。
 もちろん親,親族,友人などの個人保証を取り付けることができればそのほうが良いのですが,社長個人であっても,個人保証を取り付けることができれば,それだけ優先的に支払ってもらえる可能性が高まります。

 
 間違ってはいないのだが,保証契約は、書面でしなければ、その効力を生じない。
 個人保証を取り付けるときには,必ず書面でもらうことが重要である。


↓↓弁護士ブログの人気ランキングです。↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

金沢市の人気ブログランキング
↑↑参加しています。クリックでご協力お願いします。↑↑

posted by 内田清隆 at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 債権回収・管理